無料
矢印下
あなたの車のメーカーは?

外資系の自動車保険の評判

保険の自由化から年数もたち、外資系自動車保険会社も今ではおなじみの会社になってきたようです。これだけ外資系自動車保険会社が急速に浸透したのは、やはり保険料の安さを武器としてシェアを広げてきたからだと思います。

いざというとき自賠責保険では補償しきれませんから、車に乗るならどうしても任意保険に加入することが必要です。けれどほとんどの人は事故を起こさず保険を使わないので、毎年万単位のお金は結構負担になっているのではないでしょうか。そのため少しでも保険料を安くしようとして、外資系自動車保険会社の評判をチェックされている方が多いのかもしれませんね。

外資系はほとんどの場合、ダイレクト販売とリスク細分型の保険に分かれます。ダイレクト販売によって人件費や店舗にかかるコストを削減し、代理店を置かないことで中間マージンをなくす仕組みで、リスク細分型は優良ドライバーにとっては非常に有利な保険料でしょう。

一括見積もりの結果、外資系がやはり安いという評判で選んだ人が多いようです。

ただ、保険会社によって程度の差はありますが、事故対応に関しては辛口の評価が目立つことがあります。やはり安かろう悪かろうという評判があることも残念ながら事実です。ただし、これは外資系だからという理由ではありません。

事故対応を巡っては国内損保会社についても意見が分かれますし、外資系の保険会社でも非常に満足しているという声もあるというわけです。