無料
矢印下
あなたの車のメーカーは?

国内の自動車保険会社の評判

自動車保険を契約する際に、国内自動車保険会社と外資系保険会社の評判を比較してみたことがある契約者は少ないのではないでしょうか。

1998年以前は国内の自動車保険会社しかありませんでしたが、1998年の保険の自由化によって外資系の保険会社が参入してきたことを知らない人が、まだいらっしゃっても不思議ではないと思います。

国内の自動車保険は自動車整備工場やディーラーが代理店や販売店になっていますので、自動車保険のタログが必ずあるので自動車を購入する人の大半が目にしているでしょう。その一方、外資系の自動車保険は代理店や販売店を置いていないので、カタログなどを目にすることがありませんよね。そのため外資系の自動車保険会社の認知度は国内の自動車保険会社に比べると低い方ということになっています。

では、外資系の自動車保険はどこで知名度を上げているかといいますと、インターネットや通販などで展開を広げているようです。国内の自動車保険と外資の自動車保険を比較してみますと、同じ補償内容・特約でも保険料の値段が違ってきます。これは当然ですよね。国内と外資の自動車保険の販売方法により値段の差が生じているというわけです。

国内保険はコスト削減をしないことで充分なサービスを提供することを目的としているようですが、外資保険はコスト削減をすることで保険料を安くし、国内保険ほど充実したサービスは提供していないのが特徴です。

しかし、最近は国内保険もインターネットで契約するダイレクト保険を始めて外資保険に対抗しているので、一概にはこうといえません。

国内と外資を比較してみると、国内の自動車保険会社もダイレクト保険に参入しているので年々、外資の自動車保険との評判や違いは少なくなってするようです。